目の下のクマをすぐに治療する|美容整形で若返り施術

たるみの改善と予防策

スキンケア

施術の種類と特徴

年齢と共に皮膚が衰え頬のたるみが気になってくるという人は多いものです。そこで、美容整形で頬のたるみを解消するという方歩があります。頬のたるみに効果的な施術はいくつかありますが、皮膚のたるみが大きい場合に行われるのは皮膚を切開して引き上げるというものです。傷口もこめかみや髪の生え際など目立たない箇所で、効果も持続性も高いのが特徴です。次にレーザー照射です。たるみが目立つヶ所にレーザーを照射し、肌にハリを与えるというものです。劇的な効果は薄いですが、たるみ初期のお手入れとして効果的です。そして、ヒアルロン酸を注入する方法です。ほうれい線などで皮膚にへこみが出来ているとその箇所が頬のたるみに見えてしまうことがあります。そこで、そのようなへこんだ個所にヒアルロン酸を注入してふっくらとハリを与える音によってたるみを目立たなくさせるというものです。費用も低く手軽にできるのが特徴です。

日頃の習慣を見直し予防

頬のたるみを造らないための日常のケアも大切です。日焼けや乾燥はしわやたるみを引き起こす原因となりますので、まずは毎日のスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。そして、姿勢もとても重要です。猫背に人は顎が前に出た姿勢になり顔の骨格が歪み、これが頬のたるみの原因になります。デスクワークなどで猫背になる人が多い現代では、20〜30代の若い人でもこれが原因でたるみになってしまうことがあります。座るときに腰にクッションなどをあて、背筋がまっすぐになるようにしたり、肩甲骨を動かすストレッチなどをして首から方周りの筋肉をほぐしてあげましょう。また、下顎を鍛えるストレッチもおすすめです。大きく「あいうえお」の口をしたりして顎を動かすことによって鍛えられ、頬が下に引っ張られるのを予防することができます。日頃の習慣を見直してたるみを予防し若々しいハリのある肌でいましょう。